2020年7月株主優待銘柄 制度信用クロス検討

2020年7月制度信用調査銘柄一覧

下記銘柄についての制度信用クロスについて検討しました。

2217モロゾフ、2353日本駐車場開発、3159丸善ICHI、3172ティーライフ、3193鳥貴族、3278ケネディクス、3539JMホールディングス、3921ネオジャパン、6654不二電機工業、7810クロスフォー

制度信用安全性評価結果

7月末権利日の逆日歩日数は3日。よって制度信用取引はややリスクが高めになります。

◎安全
なし

〇おそらく大丈夫
日本駐車場開発、モロゾフ

△やや危険
JMホールディングス

×危険
ティーライフ、丸善ICHI、鳥貴族、ネオジャパン、不二電機工業、クロスフォー

7月は逆日歩注意銘柄多数

7月は優待閑散期ということで高額逆日歩候補の銘柄が多数あります。しかも今回は逆日歩日数3日なので、避けておいた方が無難です。

7月制度信用クロスは日本駐車場開発がねらい目か

日本駐車場開発は142円と低位株ですが、1000株以上保有で優待があります。

ここ2年は権利日にかなりの株不足になっていますが逆日歩がほとんどついておらず、配当>逆日歩も狙える銘柄とみています。

優待利回り自体、7月の銘柄の中では良い方ですが、クオカードや飲食系の優待とは異なり使う人を選ぶ優待だからでしょうか。スキー等お好きな方にはおすすめです。

とはいえ1000株保有による高額逆日歩のリスクもありますし、在庫を確保するのはそんなに難しくはないので、リスクを冒してまであえて制度でいく必要のある銘柄ではないような気もします。

よって制度信用クロスも全然ありですが、できれば一般信用でとれるなら取っておくべき銘柄といえます。

優待内容 ※Yahooファイナンスより引用

1,000株以上 ①自社が運営・管理している時間貸し駐車場の1日駐車料金30%割引券 5枚
②自社が提供する北海道キャンピングレンタカー事業「Do Camper」の車両貸渡料金10%割引券 2枚
③日本スキー場開発が運営するスキー場のリフト利用割引券 3枚
④スポーツツーリズムを中心とした旅行の企画販売を行う株式会社Geekoutの旅行割引券 2枚(1枚で5名利用可)
⑤那須ハイランドパーク割引券 2枚

3070アマガサは現物保有でもおすすめできる銘柄

アマガサは信用銘柄なので制度信用売りできませんが、優待が100株以上保有で自社ECサイト「ジェリービーンズ」の商品1ついただけます。価格帯はだいたい5000円~10000円ぐらいです。

そしてアマガサの株価は300円程度なので、3万円で5000円以上の価格帯の婦人靴をもらえるという大盤振る舞いです。仮に婦人靴の価値を5000円としても優待利回り16%超です。

つまり権利日当日の引け成りで100株購入したとしても、16%値下がりしなければなんとか損失が出ない計算になります。低位株なのでそんなに値動きが大きいわけでもないですし、7月権利日は土日を挟むわけでもありません。

しかもアマガサは今年に優待新設が発表され、毎年1月に優待設定されましたが、2020年に限り7月権利日に株主優待を実施します。

ちょっとややこしいです。ということはあまり知られていない可能性もある訳です。

株主優待や配当が高額であればあるほど権利落ち日の株価下落が大きい傾向にありますが、2020年7月のアマガサの優待の認知度がそんなに高いと思いませんので、権利落ちも案外小さいかもしれません。

よって、このアマガサは現物保有という選択肢も大いにありそうな銘柄です。

まとめ 2020年7月は制度信用銘柄ほぼなし、アマガサがおもしろい。

7月制度信用は閑散期ということもあり利回りが高いものも少なく、逆日歩日数3日なので軒並みリスクが高いため、制度信用でいけそうな銘柄はほとんどありません。

しかし、アマガサは現物保有で利益が出せそうな銘柄です。優待クロスとは異なりますが充分の検討の価値はあります。

逆日歩予想
最新情報をチェックしよう!