制度信用取引のリスク ~高額逆日歩~ 逆日歩100万円払ったおじさんの話

優待クロスの一般在庫争奪戦が激しさを増し、制度信用取引を検討されている方も多いと思います。

私もそんな中の一人です。

そして2020年12月、高額逆日歩を被弾しましたのでそのことについて書きます。

すかいらーく、千趣会、アークランドで高額逆日歩被弾

今回高額逆日歩をくらった銘柄は上記3銘柄です。

詳細はラビさんのブログに見やすく掲載されていましたので、ご参照ください。(勝手にリンクすみません)

過去の株不足のデータを見ると、上記3銘柄は例年と比較して、特に大きく株不足になったということでもありませんでしたので、これはいけると判断し、制度信用を大量にぶち込みました。

特にすからーく、千趣会に関しては逆日歩がまずつかないだろうと楽観的に判断し、大量に権利落ちショートをしていたので悲惨です。

さて前置きはこれぐらいで下記逆日歩100万円の詳細です。

8165千趣会は18800株分、約75万円分の逆日歩支払い(注意喚起銘柄)

・千趣会2300株分(500株はクロスしていたので現渡)

・さらに千趣会5000株分

・さらにさらに千趣会5000株分

・そしてさらにさらにさらに千趣会5000株分

 

・最後に千趣会500株分×3=1500株分

こちらはクロス分なので同じものが3取引分あります。

 

以上、千趣会の制度信用売り合計=18800株

千趣会の1株40円の逆日歩であったため、18800×40≒750000円

よって75万円分の逆日歩を支払いました。

3197すかいらーくは10000株分、約30万円分の逆日歩支払い

・すかいらーく1800株分

・すかいらーく3200株

・さらにすかいらーく5000株分

 

以上、すかいらーくの制度信用売り合計=10000株

すかいらーくは1株30円の逆日歩であったため、10000×30≒300000円

よって30万円分の逆日歩を支払いました。

3085アークランドは400株分、約14000円分の逆日歩支払い

アークランドは幸い、上記2銘柄のように権利落ちのショートをしていなかったので400株分のみですが、
200株×2名義分の400株×逆日歩36円/株≒14000円

これだけでもたいした額ですが、上記2銘柄に比べるとかわいいもんですね。
もう面倒くさいので取引報告書も貼りません。

14000円で4400円分のカツ丼を食べられます。ブルジョワです。

2020年12月 総額100万円分の逆日歩支払い決定!!

以上、まとめますと

  • 千趣会18800株の制度信用売り→逆日歩75万円
  • すかいらーく10000株の制度信用売り→逆日歩30万円
  • アークランド400株の制度信用売り→逆日歩1万4000円

アークランドは省いても良いのですが、自戒の意味も込めて記載しました。

よって合計100万円、晴れて私は逆日歩100万円払ったおじさんになりました。

逆日歩100万円払うことになった理由は自分の中の魔物に負けてしまったこと

そもそも私はIPO・PO・優待クロス等のローリスク投資をしているのは相場が読めない下手くそだからです。

そのはずが2020年は優待クロスにも慣れ、IPOセカンダリー、分売・PO空売りなど様々なことを行ってきました。
そして幸か不幸か、ある程度利益が出ていました。

最初は月2・3万円でも稼げれば充分と思ってはじめたローリスク投資。家族に月に1回外食でもできれば良いとはじめた優待クロス。それがいつしか利益と利回りを追求するようになり、月に10万、100万という利益を目指すようになってしまいました。

そうすると必然的にローリスク投資ではなくなってしまいます。

つまり私は、相場の魔物に負けてしまったのではなく、日証金の魔物に負けてしまったのではなく、自分の中の魔物に負けてしまったのです。

12月の権利確定日の10日ぐらい前に制度信用の危険度を考察した際、アークランドは「制度信用たぶん大丈夫」と判断して外していますが、すかいらーくと千趣会は「制度信用やや危険」と判断しています。

しかし当日は利益を追求しすぎるがゆえに、株不足数を見て楽観的に判断して制度全力突入→高額逆日歩被弾という展開になってしまいました。

これが自分の中の魔物を抑えきれず、欲に身を任せてしまった結果です。

逆日歩100万払って気づいたローリスク投資成功の秘訣

ローリスク投資を成功させるためには無欲に徹することです。

欲を出すと私のようにローリスクどころかハイリスク投資になってしまいます。

相場の世界で無欲に徹することは案外難しいことです。株式相場に向かっている以上、誰しもが欲を持っているので、その欲を押し殺すには案外難しいことです。
私は恥ずかしながら何度も欲をかいて失敗しています。大学時代にはFXでも100万ぐらい損失を出しています

2020年の年の瀬に被弾した100万円の逆日歩を糧にして、更なる飛躍を遂げ、相場を退場しないようなリスクマネジメントをしていけるようにならなくてはなりません。

逆日歩 相場の魔物
最新情報をチェックしよう!