2021年2月株主優待銘柄 制度信用クロス検討

2021年2月制度信用調査銘柄一覧

下記銘柄についての制度信用クロスについて検討しました。2月はほぼ全数調査しました。調査銘柄は下記のとおりです。

20日権利日
2778パレモ、7545西松屋、8217オークワ、8227しまむら、8276平和堂、8843ニトリ

末日権利日
1418インターライフ、2292SFOODS、2294柿安、2379ディップ、2484出前館、2659サンエー、2669カネ美食品、2670ABCマート、2685アダストリア、2726バルグループ、2882イートアンド、2884ヨシムラ、2918わらべや日洋、2930北の達人、3048ビックカメラ、3050DCM、3063ジェイグループ、3086Jフロント、3087ドトール、3093トレジャーファクトリー、3141ウェルシア、3222USMH、3280エストラスト、3387クリレス、3543コメダ、3546アレンザ、3548バロック、3608TSI、4343イオンファン、4745 東京個別、6958ベクトル、7512イオン北海道、7516コーナン、7610テイツー、7603マックハウス、7611ハイデイ日高、7630壱番屋、7549スギHD、7811中本パックス、8008ヨンドシー、8016 オンワード、8166 タカキュー、8167リテール、8168ケーヨー、8200リンガー、8233 高島屋、8237松屋、8244近鉄百貨店、8267イオン、8273イズミ、8278フジ、8905イオンモール、9414日本BS、9601松竹、9602東宝、9740CSP、9787イオンディライト、9861吉野家、9945プレナス 、9946ミニストップ、9948アークス、9974ベルク、9979大庄、9982タキヒョー

2021年2月制度信用安全性評価

2021年2月20日権利日の逆日歩は3日分、末日の逆日歩が3日分です。どちらもリスキーであるといえます。
※安全性評価には優待価値や予想配当等も若干加味しています。
※ただの予想なので責任は負いかねます。

◎安全
オークワ、しまむら、ニトリ、
SFOODS、ディップ、サンエー、ABCマート、DCM、Jフロント、ウェルシア、USMH、TSI、高島屋、松屋、イオン、イズミ、イオンモール、松竹、東宝、CSP、ベルク

〇たぶん大丈夫
西松屋
インターライフ、出前館、アダストリア、バルグループ、ヨシムラ、北の達人、ビックカメラ、ドトール、コメダ、バロック、イオンファン、ベクトル、テイツー、スギHD、オンワード、ケーヨー、イオンディライト、ミニストップ、アークス、タキヒョー

△やや危険
パレモ、平和堂
イートアンド、わらべや日洋、トレジャーファクトリー、クリレス、東京個別、イオン北海道、コーナン、ハイデイ日高、壱番屋、中本パックス、ヨンドシー、リンガーハット、近鉄百貨店、フジ、日本BS、吉野家、プレナス、エストラスト

×危険
柿安、カネ美食品、ジェイグループ、アレンザ、マックハウス、タカキュー、リテール、大庄

7601ポプラは優待廃止

優待利回りが良いのと、使い勝手が良いことから人気だったポプラが優待廃止になりました。高額逆日歩が割とつきやすい銘柄だったので、狙っている人も多かったのではないでしょうか。

9979大庄は優待変更

優待変更により飲食券の額面は2500→3000円分に上がりましたが、人気のデニッシュ食パンMITABI等のカタログ優待がなくなりました。
コロナ禍で不振にあえぐ飲食系で、業績も良くなかったため優待改悪or廃止も危惧していましたが、額面的にはまさかの増額。
どんどん赤字を垂れ流している状況としてはかなり頑張ったほうと思います。おかげで決算発表後も株価はほぼ下がりませんでした。
MIYABIの食パンを買って応援したいところですが、近くに店舗がないので超熟山型5枚切りで我慢します。

3141ウェルシアは制度安牌かつ利回り1%超のおいしい銘柄

ウェルシアの2021年2月12日終値が3620円で優待は複数選びますが、Tポイント一択だと思います。ウェル活すれば3000円→4500円相当の価値になります。よって、利回りが1%超えるうえに制度安牌という超有用銘柄に変身します。ウェル活民には必須の優待なのではないでしょうか。優待のTポイントの集約について、公式の回答では同一住所であれば集約可能とのことですが、ヤフオク等でもウェルシアの優待が額面以上で売られていることから、おそらく他人のものでも集約可能なのだと思います。※あくまでも推測ですので自己責任でお願いします。

2882イートアンドは権利月変更 3,9月→2,8月

イートアンドはこれまで3,9月から2,8月に変更になっています。
ですので逆日歩のつき方は変わってくると思いますが、優待繁忙期の3,9月でも高額逆日歩がついたことがあるので、2,8月はさらにつきやすくなるうえに、人気の外食系です。
よって、高額逆日歩の可能性が高いであろうと考え、「やや危険」と判断しています。
ただ、今回は権利月が変わってから初めての権利確定日であり、案外つかなかったりする可能性もありますので、制度突撃は意外とおいしいかもしれません。私は突撃しませんが。

9414日本BSは2月は逆日歩つきにくい

日本BS放送は2月8月権利日ですが、8月は長期認定の1000円が追加されるので8月の方が逆日歩がつきやすい傾向にあります。
2月はこれまで逆日歩はほぼついていませんが、8月は時々高額逆日歩がついていることから2月も同様な株不足に陥った場合、
高額逆日歩がつくことは充分考えられます。よって、これまでの2月は高額逆日歩実績はないものの、危険性を充分に孕んでいるという意味で「やや危険」としました。

タカキュー、タキヒョー、タカショー3兄弟に注意。

この3兄弟は何も関係がないですが非常にややこしいです。注意しましょう。
タカショーはまだ1月20日権利日なんでいいですが、タカキューとタキヒョーは間違えましたことがあります。
これらは非常にややこしいうえに権利月が近いor同じなので間違って現渡等してしまう可能性もあることから権利月は3月以上離してほしいものですね。
株主アンケートがあればその旨記載してみようと思います。

逆日歩予想
最新情報をチェックしよう!