2021年4月株主優待銘柄 制度信用クロス検討

2021年4月制度信用調査銘柄一覧

下記銘柄についての制度信用クロスについて検討しました。4月は銘柄数が少ないので、全数調査しました。調査銘柄は下記のとおりです。

調査銘柄
1766東建コーポ、2198アイケイケイ、2438アスカネット、2593伊藤園、2695くら寿司、2751テンポス、2910ロック・フィールド、3134Hamee、3180ビューティーガレージ、3329東和フード、3476投資法人みらい、3843フリービット、6630ヤーマン、7605フジコーポ、8079正栄食品、8186大塚家具、8917ファースト住建、9273コーア商事、9603エイチ・アイ・エス、9627アイン

2021年4月制度信用安全性評価

2021年4月末日権利日の逆日歩はGWの影響で6日分です。よって制度特攻は超ハイリスクと言えます。
※安全性評価には優待価値や予想配当等も加味しています。

◎安全
アスカネット、伊藤園

〇たぶん大丈夫
Hamee、ビューティーガレージ、投資法人みらい、ファースト住建、エイチ・アイ・エス、アイン

△やや危険
東建コーポ、フリービット、正栄食品、コーア商事、ヤーマン

×危険
アイケイケイ、くら寿司、テンポス、ロックフィールド、東和フード、フジコーポ

2021年4月優待銘柄コラム

3329東和フードは15年連続最高料率

優待利回り的には額面1%程度とそんなに高くないのですが、逆日歩はめちゃくちゃつきやすいです。
株不足数が多かろうが少なかろうがおかまいなしに最高料率ついていますので、今年も危険です。

2910ロックフィールドは4月に逆日歩がつきやすい

ロックフィールドの優待月は4月10月なのですが、10月は100株以上の優待設定はありませんが、4月は5000株まで設定されています。
そのため、4月の方が圧倒的に逆日歩がつきやすくなっており、2018年4月には逆日歩104円/株がついています。
仮に4月で最も利回りの良い1000株クロスしていたら10万の支払いが生じた計算になります。
ロックフィールドはもともと高級総菜ですが、もっと高級な総菜を食べたい方にはおススメの制度凸です。

6630ヤーマンは楽天で買ったほうが安い商品も多い

ヤーマンは額面の優待利回りが非常に優秀ですが、商品単価が高いので実質的な価値は微妙かもしれません。
そのうえ、ヤーマンは楽天でたびたびスーパーDEAL20%還元や、30%還元など訳の分からないぐらいのセールをやっている商品もあるので、
公式サイトで優待を使う際にはまずは楽天市場での価格チェックをしてからの方がよさそうです。
モノによっては楽天ポイントせどらー達がフリマサイトに多数出品していますので、そちらで買うのが得かもしれませんね。

7605フジコーポは長期保有優待であるが逆日歩がつきやすい

フジコーポは長期(1年)のみの優待ではありますが、利回りが異常に高いため株不足になりやすく逆日歩がつきやすいです。端株保有+10月に空クロスがいる銘柄にはなりますが、閑散期ということもあり対策している人が多いということでしょうか。
なお、今年は株式分割のために少なくとも日興では4月中旬から一般信用売りができなくなっています。
そのことから今年はさらに株不足がすすみやすい状況になっている可能性が高いです。

9273コーア商事は2021年4月に限り記念優待実施

コーア商事の本来の優待は6月ですが、2021年4月に限り記念優待として6月と同額の1000円クオカードをいただけます。利回りは0.6%ほど。逆日歩がつきにくいかどうかは全く不明です。逆日歩1日であれば制度でいきましたが、
逆日歩6日ということもあり見送りが無難かと思います。

逆日歩予想
最新情報をチェックしよう!