タイヤ交換を最もお得にする方法はネット注文ディーラー取付/時給16000円の仕事

  • 2019年4月20日
  • 2020年5月13日

車の維持費を抑えることに全力を注いでいる私ですが、その中でもイチオシの方法をお伝えします。

実際、この方法で先日、タイヤ組み換えの際に予想以上に安くできたので、報告します。

※まずは勘違いのないように言葉の定義から説明します
タイヤ交換=例えば夏タイヤを冬タイヤに履き替えるなど、すでにホイール付のタイヤを交換する場合
タイヤ組み換え(タイヤ履き替え)=古くなったタイヤをホイールから外し、新しいタイヤをホイールにつけかえる場合

工賃的にタイヤ組み換え>タイヤ交換ですので、言葉を間違えないようにご注意ください。私も初めての時、タイヤ組み換えとタイヤ交換を勘違いしました。

幸い私の場合はタイヤ交換が2000円のところだったので、価格を聞いた時点で勘違いに気付きましたが。賢明な皆様は勘違いされないようにしてください。

では、具体的にタイヤを最安で交換する方法についてですが、結論から言うとネットで購入してディーラーで取付ける方法がコスパ共に優れると考えています。

一時期はアマゾンで購入して宇佐美で取り付ける方法が最安値に近かったのですが、宇佐美が工賃を引き上げたため、この方法は割高になってしまいました。

では、今回はその理由とやり方について説明します。

興味のない方は読み飛ばしていただいても構いませんが、アマゾン購入、宇佐美取付が高くなった具体的な理由について説明します。

アマゾンでタイヤ購入+宇佐美でタイヤ取り付けが割高になった理由

よくネットではAMAZONで購入→提携先の宇佐美で購入といった方法が、タイヤ料金と工賃がかなり安くてかつ簡単にできると言われていますが、私はおすすめしていません。

理由は下記2点です。

アマゾンのタイヤ販売価格は安いが最安ではない

アマゾンのタイヤは安いものもありますが、ヤフーショッピングや楽天ショッピング、あるいは価格ドットコムで安値で販売されているタイヤよりも割高です。

そのうえ、ヤフーや楽天ではポイント還元もあるため、ポイント還元を考慮した実質価格は価格ドットコムの最安よりも安くなることもよくあるので、アマゾンのタイヤはヤフー・楽天に比べると割高感は否めません。

宇佐美のタイヤ交換工賃が値上げされた

実は宇佐美は2019年の1月にタイヤ交換工賃を値上げしています。

公式HPからは「タイヤ交換料金を改定」と書いているだけで、値下げされたのか値上げされたのかはわかりませんが、以前よりは価格はアップしています。

以前は普通自動車でスチール・アルミホイールのタイヤの交換工賃は1080円でしたので、かなり値上げされています。

これにプラスタイヤ処理料が270円/本、バルブ交換料がかかります。

宇佐美 アマゾン タイヤ交換工賃 タイヤ組み換え

これらの理由より、アマゾンでタイヤ購入して、宇佐美で交換するという手法の価格メリットがだんだんなくなってきました。

では、ここからタイヤ交換を最安値でする方法について説明します。

タイヤを最安値で購入する方法 ヤフー・楽天ショッピングで購入する

私が今回狙っているタイヤはヨコハマタイヤのブルーアースAE-01Fです。(画像は価格コムより引用)

ヨコハマブルーアースAE-01F エコタイヤ

最安値は送料込で考えると、1本あたり6195円です。

ヨコハマブルーアース 最安値

これをヤフーショッピングで見ると、1本あたり5630円で、送料無料かつポイント還元があります。

ヨコハマブルーアース ヤフーショッピング

私は実際、ここのグリーンコンシューマーさんでいつも買っていますが、その場合ポイント還元が1本につき、400ポイントつきますので、実質一本あたり5200円程度で購入することができます。

※ヤフーショッピングの場合は5のつく日とかゾロ目のクーポンの日に買えばもっとお買い得ですので、1本あたり5000円を切ることも可能です。

他にも安いショップを探せばありますが、

私はいつもここに載せたグリーンコンシューマーさんか、フジタイヤさんにしています。

というのも、対応が早く、製造年月も比較的新しいタイヤを送ってきていくれるからです。

ちなみに今回はグリーンコンシューマーさんで2019年2月に注文し、2018年48週目のタイヤが送られてきました。充分新しいです。

タイヤの製造年はこのようにタイヤのサイドに記載されています。この場合は2018年の48週目ということです。

タイヤ 製造年週

※注意
タイヤをネット通販で購入する場合は、製造年週を注意すべきです。タイヤはゴムなので使わなくても劣化していきます。製造年週がどれぐらいのタイヤを販売しているのかについて、問い合わせすることをおすすめします。

タイヤの交換費用について

少し話が変わりますが、タイヤには取付費用が別途かかります。それはメーカーによってまちまちですが、タイヤの取付工賃はタイヤ組み換え費用+廃タイヤ費用+バルブ交換料金で考えなければなりません。

廃タイヤ処分費用について

古いタイヤを新しいタイヤに交換した際、古いタイヤを処分しなくてはなりません。この際、どうしても処分料がかかってきます。

バルブ交換料金について

タイヤにはバルブと呼ばれる空気を入れる部分です。ここはだいたい2~3年に一度交換するのが推奨されていますので、ちょうどタイヤ交換の際に交換するのがベストです。

交換せずに劣化した場合、バルブから空気漏れが起こり、バルブ交換だけのためにタイヤを脱着しなくてはならないため、工賃だけで10000前後かかる可能性があります。

バルブ自体4つで1000円ちょっとですので、タイヤ組み換えの際に交換しておくことをおすすめします。

タイヤを最安値で交換する方法 正規ディーラーを使う

では次に、タイヤをできるだけ安い工賃で交換する方法について考えます

アマゾンでタイヤ購入、提携の宇佐見でタイヤ組み換えの場合の工賃

宇佐美の2019年以降の最新タイヤ脱着料金を試算すると、私の場合は14インチなので

一本1620円のタイヤ組み換え工賃 よって1620×4で6480円
廃タイヤ料金が270円なので、 270×4=1080円
エアバルブに関しては記載がなかったので、適当にアマゾンで調達するとすると、ひとつ300円としても 300×4=1200円
よって合計で8760円かかります。

ガソリンスタンドやカー用品店でタイヤ組み換えした場合の交換工賃

では次に、ネットで購入して、ガソリンスタンドへ持ち込んだ場合を考えてみましょう。

・某ガソリンスタンド
タイヤ交換 2160円、廃タイヤ料金 540円 バルブ交換 108円
合計11232円

・某カー用品店
タイヤ交換 2700円、廃タイヤ料金 324円 バルブ交換 216円
合計12960円

これぐらいの値段です。これを考えるとAMAZON+宇佐美も工賃改定で高くなったとはいえ割安です。

宇佐美はAMAZONと提携しているため、この料金でできるのです。逆に提携していなければ、これぐらい割高になるということですね。

正規ディーラー(トヨタ)でタイヤ組み換えした場合の交換工賃

そして、私がタイヤ組み換えを持ち込みでのみが可能か、あるいは価格はいくらになるか問い合わせた結果です。

  • トヨタカローラ タイヤ交換、廃タイヤ、バルブ交換等トータルで9720円
  • ○○トヨタ トータルで12960円
  • トヨペット 持ち込み交換お断り
  • ネッツトヨタ トータルで7700円

もちろんネッツトヨタに決めました。

ディーラーでもタイヤ持ち込みで交換できるんですね。最初全て断られると思っていましたが。

そして料金がディーラーによって大きく異なります。要問合せですね。

ちなみにトヨタディーラーはトヨタ車じゃなくてもホンダ車でもスズキ車でもどのメーカーの車でもやってくれます。

私の友人はこの方法を教えたところ、ホンダ車でネッツトヨタにいっていましたから。

もちろん軽自動車でもできます。

今回はタイヤバルブの調達が面倒だったため、ネッツトヨタディーラーでお願いし、バルブセット4つで1600円かかりましたが、タイヤバルブを安くネットで仕入れれば更に安くなります。

ちなみに、タイヤ組み換えををディーラーでタイヤ調達し、そのまま交換してもらった場合、同じヨコハマブルーアースAE-01Fのタイヤで値引き込みで45000円でした。

※ご注意※
自動車メーカーは系列(トヨタの場合はトヨタカローラ、ネッツ、トヨタ自動車、トヨペット)でも対応が違いますし、都道府県(東京トヨタ、大阪トヨタなど)によっても管轄が異なるので違います。お住まいの地域で調べられることをお勧めします。
また、価格は14インチの場合です。ホイールの種類(アルミorスチール)、タイヤのインチサイズ(たいてい17インチを境目に17インチ以上、17インチ未満と2段階料金になっているところが多いです。)によって工賃は異なることがあります。

タイヤ組み換え交換価格比較

ではこれまでの価格のまとめです。

AMAZON+宇佐美で交換した場合

タイヤ代:6196円×4
工賃:1620円×4
タイヤ処分料:270円×4
バルブ交換代:300×4(概算)

合計で33544円

ネット通販+ディーラーで交換した場合

タイヤ代:5200円×4
工賃:6100円(タイヤ処分料込み)
バルブ交換代:1600円(概算)

合計で28500円

タイヤを全てディーラーに任せた場合

合計で45000円

これだけの差がつきました。

ディーラーで発注して取付までしてもらった場合より16500円、アマゾン+宇佐美よりも約5000円安くなりました。

タイヤ交換をネット+ディーラーでやれば時給16000円と同等

どれだけ安くできたところで、それに対して労力がかかりすぎると元も子もありません。

よって、私がこの方法を行った際に要した労力をざっくり書き出してみました。

・自分の車のタイヤサイズの調査 5分

(上記で紹介したように年式、グレードからすぐに調べられます。詳細は後述します。)

・タイヤサイズから選ぶタイヤを選択 10分

どのタイヤか良くわからない方は今つけているタイヤと同じものをつければ無難です。ただ、価格コムで家電製品を選ぶのと同じように、価格、性能、口コミを比較しながら選ぶのもおもしろいです。

タイヤもどんどんいいものがでてきているので、同じタイヤよりも良いタイヤが安く手に入ることもよくあります。また、自分が選んだタイヤを履いている車ってだけでも愛着が湧きます。

・選んだタイヤの最安値ショップを検索し購入 10分

たいていヤフーショッピングや楽天市場等の方がポイント還元を考慮すればお買い得です。アマゾンは安いものも高いものもあるのでよく調べることをおすすめします。

・タイヤ受け取り 5分

タイヤ 通販

このような感じで運んでくれます。タイヤのような重い荷物の場合は、集合住宅にお住まいでも、まず玄関まで来てどこに置くか配達業者の方が聞いてくださります。そこで、自分の車に入れてくださいと言えばやってもらえます。

私は現在集合住宅の3階に住んでいますが、3階までタイヤをもってきていただくのが悪いのと、結局またタイヤを車まで運び出すことになるので自分の車を配達業者さんの近くまでもっていき、そこで入れてもらいます。

配送業者の方の手間も省けますし、自分の手間も省けます。一石二鳥かと思います。

・タイヤをディーラーまで持って行く 待ち時間1時間程度
タイヤ交換予約をしたディーラーまで持って行きます。そこで車に積んであるので、タイヤを交換してくださいと言えばあとはコーヒー飲んで待っているだけです。

ただ、ディーラーでタイヤを購入した場合も結局車をディーラーまで持って行って、交換中は待つ必要があるので、これに関してはどちらにせよ必要な労力になってきます。

以上、今回特別かかった労力は35分、はじめてタイヤを選ぶ方でもトータルで1時間みとけば充分にできます。

浮いたお金と労力から、ディーラーで普通に注文した方法と比べると時給は約1万6000円です。

こんな割のいい仕事はないと思います。まさにやらない選択肢はありません。

しかも、この方法の大きなメリットは決して安かろう悪かろうということではなく、正規ディーラーできっちり整備してもらえるということも付け加えておきます。

よって、ネット通販でタイヤを購入し、正規ディーラーで取り付けるという方法は安さと安心を両立したタイヤ交換方法だと考えています。

是非お試しください。

以下補足と関連記事です。

補足:自分の車のタイヤサイズを調べる方法

タイヤサイズを知らない方はネットで簡単に調べられます。

まずは価格ドットコムのサイトが使いやすいかと思います。

価格ドットコムのホームページにアクセスして、「自動車・バイク」→「カー用品」→「タイヤ」とカテゴリを選んで行きます。

以下価格コムのHPから引用

価格コム タイヤ

すると、ページにこういう部分が表示されます。ここにタイヤサイズを知りたい車の情報を選択していきます。

価格コム タイヤ選び方

私の車の場合、トヨタアリオン、2007年式(2001年モデル)でグレードがA18のGパッケージなので、この情報を入力します。

価格コム アリオン タイヤサイズ

これらの情報を入力して、「タイヤサイズを調べる」をクリックするとこのように表示されます。

トヨタ アリオン タイヤサイズ

この時の「185/70/R14」というのがタイヤサイズです。

ちなみにこの185という数字が、タイヤ幅、70という数字が扁平率、R14というのがホイールサイズを示しています。

これで車のタイヤサイズが決まりました。


以下関連記事です。

タイヤは消耗品なので交換は致し方ないですが、長持ちさせることを意識すればもっと長く使えます。

中古車・新車を長持ちさせる6つの方法/最大の秘訣は愛着を持つこと

中古車購入に関してもディーラーがおすすめです。

中古車をどこで買う?買うのはディーラーをおすすめする理由

これまではディーラーをおすすめしましたが、車検・修理は整備工場がおすすめです。要は使いようです。

車の車検・修理にディーラーよりもおすすめ!整備工場の選び方

車の車検・修理・メンテナンスに正規ディーラーより整備工場を選ぶメリットとデメリット

長年乗っている車にはガソリン添加剤を試すのも良いですよ。

ガソリン添加剤はタービュランスGA-01がおすすめ/直噴D4エンジンには特に有効

タイヤ交換
最新情報をチェックしよう!